2006年09月13日

『バイリンガル育児 〜英語は幼いうちに打て!〜 ダイジェスト版』

英語で苦労した人が子どもをもつと、自分と同じような思いをさせたくない、と願うのが人情ですよね。


でも、子どもがバイリンガルになる環境ってのは限られているはず・・・そんなふうに思ってあきらめていませんか?


外国で暮らしているか、両親のどちらかが外国人であるか、または、高いお金を払って外国人のシッターさんを雇うか・・・。


ところが、現実は必ずしもそうだとは限らないのです。


れもんさんは、ご自身は英語があまり話せない日本人のお母さん。ごく普通の家庭環境でお子さんを育てておられます。


でも、彼女の娘さんは、な、なんと、英語と日本語を自在に使いこなすバイリンガルなんです!今では、苦労せずに2ヶ国語を習得できたことに対して、娘さんから感謝されているとか。


れもんさんによると、「言語を自然に習得できる右脳優位期の乳幼児期と、脳のしくみを知った上での英語環境さえ作ってあげれば、どの子も原始レベルのバイリンガルへと育てることができる」のだそうです。


実は、れもんさんご自身はオーストラリア帰りの帰国子女なんです。が、予想に反して、海外暮らしで英語が話せるようにはならなかったとのこと。それはなぜなのか?


また、そんなかつての落ちこぼれ?(失礼<(_ _)>)帰国子女が、一発逆転でわが子を日本でバイリンガルに育て上げた「奇跡の育児方法」とは・・・。


 『バイリンガル育児 〜英語は幼いうちに打て!〜 ダイジェスト版』          
       (無料です)


これまた有料並みの質量です。週末の読み物としてじっくりお楽しみください。


このレポートの読者人気度(5段階中):★★★★
posted by Aki at 08:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 児童英語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/23679857
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック



〔PR〕 人材派遣会社   結婚相談所       
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。